連携見直し2

昨日の続きですが、BufferIFTTTを使って以下のように変更した。

連携見直し後

たいへん複雑になってしまったように見えるが、ことはさほど複雑ではない。Twitterのワン・トップからFacebookGoogle+を合わせてスリー・トップにした。

IFTTTというのはweb上のタスクスケジューラーみたいなもので、レシピと呼ばれる条件を設定しておけば自動的に作業してくれる。例えば右上のIFTTTは、このブログの新規の記事に画像があると自動的にTumblrにポストされるようになっている。

普段使いは(左側の)Bufferを使う。
Bufferは投稿クライアントで、対応するSNS等に投稿することができる。あくまでクライアントなので、BufferからGoogle+に投稿された記事を見た人はリンクから何も経由せずにリンク先へ飛べる(厳密に言うとリンクはBufferの短縮URLなのでクリックされたという情報がBufferに渡るのだが)。
つぶやきもwebページのシェアも写真投稿もTwitterとFacebook、Google+に同時投稿するように設定しておく。これはHootsuiteでもできるんだけど、Google+への投稿がうまくできなかったので、Bufferに乗り換えた。Hootsuiteはタイムラインを見ることもできるがBufferは投稿専門なので軽くて良い。BufferのiPhoneアプリAndroidアプリFireFoxのAdd-OnChromeの機能拡張、他のブラウザならBookmarkletもあるのでもろもろ問題はない。問題はないどころか便利。
写真の投稿はInstagramからも行う。
投稿の設定でFacebookとTumblrを設定して投稿する。Tumblrを通じてTwitterにも投稿される。本来なら
ここでIFTTTが登場。InstagramのRSSを取得してBufferのGoogle+アカウントに投稿、設定したタイミングでBufferがGoogle+に投稿する。

このブログ(Jugem)にはTwitterとFacebookの投稿機能があるが、予約投稿はTweetしてくれないので、IFTTTを利用する。Facebookの投稿機能もあるが、60日ごとに連携し直さないといけない。それは忘れてしまいそうだし面倒なので、FacebookもIFTTTに任せている。
同様にブクログも投稿機能によりTwitterに投稿し、IFTTTがRSSを取得してBuffer経由でFacebookとGoogle+に投稿する。

TumblrはTwitterとFacebookに投稿する機能を利用しつつ、IFTTT経由BufferでGoogle+に投稿するように設定しているが、余計なReBlogは除外したい為、特別なTagを用意しておきIFTTTがそれを検知したら投稿するようにしておいた。
また、ブログにアップした画像とBufferから投稿された画像はIFTTTがTumblrに投稿するようにもしている。

pixivは以前はTwitterと連携されていたのだが、現在は契約解除されているのでなんらか対策を考えねばならない。そのかわりFacebookとGoogle+と連携されている。
mixiは相変わらずTwitterからの垂れ流しになっている。

まだまだ改善が必要だし、pixivのように連携の契約が切れてしまう場合もあるので、連携の見直しは絶えず必要になってくるのだった。


at 00:00, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

連携見直し

「2009年ごろのらくがき」も底をついたので、TwitterやらFacebookやらの連携を見直してみた。

まずは、以前の連携の流れをご覧ください。
連携見直し前

すべての投稿がTwitterに集まりハブとして他のSNSへ流している。一方通行になっているのでTwitterにさえ注視してれば管理は楽だ。
しかし逆に見る側からすれば、投稿元へのアクセスに必ずTwitterを経由しなければならないという問題がある。たとえばInstagramの投稿をFacebookで見た人が一旦Twitterを経由しInstagramへ辿り着くというのはスマートではない。
Twitterさえ見てもらえば全て把握できるのだが、みんながTwitterユーザーというわけではな。それぞれのSNSに違うユーザーとのつながりがあり、コミュニケーションの効率がよくない。管理する側もTwitterだけ見ているので、Instagramの投稿をFaceBookでコメントをもらっても返答が出来ない。

などと考えて連携を見直したのだけど、ややこしくなったのでまた明日にするわ。すまん。


at 00:00, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

FireFoxでFeedlyに登録

FireFoxFeedly

FireFoxFeedlyにワンボタンで登録するやり方が判らなかった。
使えそうなアドオンもありそうだったがあまり余計な物を入れて重くしたくなかったので、ブックマークレットでもあればいいなと調べた。

[ LIFE GOES TO A PARTY ] 「あっ、このサイト、Feedlyに登録したい!」をFirefoxで簡単に行なうための設定方法

FireFoxの標準機能に「購読」というのがあって、それを使えば簡単ですとのこと。重くはならないだろうし、気楽に導入することにした。
ところが、肝心のフィードリーダーの選択肢にFeedlyがない。

FireFoxの購読

環境設定かと思い見てみたが同様に現れない。

FireFoxの環境設定

また調べてみるとFireFoxのConfigをいじるらしい。

[ すぐに忘れる脳みそのためのメモ ] Firefox でフィードの登録先を設定する - Feedly Cloud へ追加したい場合

おお、面倒臭い。
で、上記サイトに従いアドレスバーに「about:config」といれて開き、設定を追加する。
んが、「設定名」を書き間違える。ああ、もう。と、ダブルクリックすると「値」の変更になる。右クリックしても「設定名の変更」という項目はない。
どうやらいちど作成した設定名は変更できないらしい。もうなんなんだ

[ Another 朝顔日記 ] 今日の小ネタ「about:config で不要のエントリーの削除」


どうやら右クリックで「リセット」することで値が空になり、FireFoxを再起動すれば消えているとのこと。

FireFoxのabout:config

確認したら「about:config」を開き直しただけで消えていた。
誤消去を回避するための仕様かしら。上記にはブログにはエディタで編集する方法も書かれている。

ああ、面倒臭い。


at 00:00, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

ブログの投稿をTwitter、Google+、Tumblrへポストするテスト2

岡谷市、空

IFTTTがRSSを捕まえるのに時間がかかることは知っていた。
このブログは予約投稿で0:00にアップされることになっているが、Buffer経由で投稿されるTwitterGoogle+に投稿されていなかった。
IFTTTからBufferへは到達していたが、Bufferで詰まっていた。Bufferには時間を設定して投稿する機能があるが、その設定をオフにしていたため投稿されていなかった。
何時にIFTTTがRSSを捕まえるのか判らないので、二時間置きに設定しておいた。
また詰まっていた投稿はGoogle+には入っていず、Twitterにしか入ってなかった。IFTTTのBuffer設定では投稿先をひとつにしか決められないらしい。
そこでIFTTTのBuffer設定はGoogle+にしておき、Twitterは専用のレシピを用意した(IFTTTの自動化設定をレシピといいます)。
こでで再度テスト。


※写真は本文と関係ありません。


at 00:00, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

ブログの投稿をTwitter、Google+、Tumblrへポストするテスト

宮坂醸造付近

ブログの投稿をIFTTTBufferを利用してTwitterGoogle+Tumblrへポストするテスト。
うまくいったらおなぐさみ。

※写真は本文と関係ありません。


at 00:00, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

twitterアウトソーシング

twitter top
twitterを始めて四ヶ月あまり、ほとんどつぶやいていないROMではあるが、外部サービスをいろいろ試してみたりしているので、以下にざっくりと「つぶやく方法」と「つぶやきとブログの連携」に大別して紹介してみる。

  • つぶやく方法
    基本的にはWebブラウザでtwitter.comにアクセスしてログインするとつぶやくことができる。これは携帯でも同様でtwitter公式サイトmovatwitter等の外部サイトからも投稿が可能だ。

    iPhoneやiPod touchならEchofonEchofon for TwitterTwitBirdTwitBirdなどの便利な専用アプリがある。有料のものもあるし無料のものもある。
    echofontwitbid

    twittermail等のサービスに登録すれば、メールを送信することでつぶやくことができる。携帯サイトにアクセスする必要がないので手軽で便利。英語だが登録は簡単。

続きを読む >>

at 23:34, ウェブ

comments(3), trackbacks(0)

spacer

Fontでちょっと助かった

どうしても必要な英字フォントがあったのだが、うちのパソコンには入っていなかった。フォント名ではヒットせず、一応形状は判っているので、似たようなフォントでもかまわないとのことだった。
イラストレータ上で指定されたフォントの画像を配置して、上から同じ文字をタイプして重ねて、検証していったが似たものすら持っていなかった。仕方がないのでフリーフォントサイト(dafont.com1001fonts.com)などで探してみた。大量のフリーフォント中から形状で探す方法はひとつひとつ見ていくしかない。カテゴリーなどで絞ったとしも多い。途中でばかばかしくなり、考え方を変えた。

画像から類似する画像を探し出すサービスがあることは知っていた。TinEyeなどが有名かと思う。ということは文字の形状から似たような、あるいは該当するフォントを探し出すサイトがあってもおかしくないと考えた。
案の定、すぐに見つかった。「myFonts.comのWhatTheFonts」というサービスだ(ソース:画像から使用フォントを検索してくれるWEBサービス「myfonts」|DesignDevelop)。
フォントの画像をアップロードすると画像から文字と思われる部分を抽出して、こちらでどの画像がどの文字かと指定してやればすぐに出てくる。必要とあればそこからダウンロードして購入することが可能だ。

続きを読む >>

at 00:30, ウェブ

comments(1), trackbacks(0)

spacer

メールが送れない 〜 Outbound Port25 Blocking

不図気付くとtoyotayasuhiko.comのメールが送れなくなっていた。どういうことか。
25番ポートから送れない旨のメッセージが出る。GyazmailというOS X用メーラーを使っているが、アカウント設定でポート番号を変更できるので適当に変更してみるが駄目だ。そういうものではないらしい。

続きを読む >>

at 23:22, ウェブ

comments(0), trackbacks(0)

spacer

今週のランキング