El Capitanに入れたアプリ(3) #photoshop

El Capitanに入れたブラウザ

ブラウザ篇

OS Xには標準でSafariが入っているが、Chrome、FireFoxも使い回している。

Google Chromeの開発版。毎日アップデートがある。

FireFox Free
通常版。

ブラウザ以外でリンクをクリックした時のセレクタ。

Buffet FreeApp Store
上記MultiBrowserと同様のアプリケーション。

BrowseShot App Store
ブラウザの画面を上から下までキャプチャ。

ちょっとしたトラブル

Twitterやメールなど外部のリンクをクリックしたときに立ち上げるブラウザを選択できるMultiBrowserというアプリケーションを入れているが、El Capitanのインスーとル時に移行アシスタントを使って書類だけ移行したせいで、動作がおかしくなった。
試しにMultiBrowserを削除して、Buffetという同様の機能を持ったアプリケーションを入れてみたがいまいちだったので、改めてMultiBrowserを入れ直した。
すっかり忘れていたのだが、MultiBrowserは本体アプリと環境設定ペインの二つで構成されていたので、最初のインストール時に本体アプリだけ入れてうまく動かなかったようだ。

※イラスト (Adobe Photoshop)

続きを読む >>

at 00:00, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

El Capitanに入れたアプリ(2) #photoshop

El Capitan に入れたユーティリティー

ユーティリティー篇

まずは個人的なMacを快適に動作させるために入れたものなど。

IME。ATOKとか無料のGoogle日本語変換とかありますが、EG Bridgeのころから使っている。新しくなったことえりのライブ変換の評判が良いようなので、そちらも使ってみないと。

PopClip App Store
テキストを選択するとカット、コピー、ペーストなどがポップアップする便利ツール。プラグイン的にカスタマイズ可能。

Moom App Store
ウインドウ・サイズをワン・クリックでリサイズ。など。

Como Free
ひとつのアプリで複数ウィンドウを開いている場合、ひとつのウインドウが前面に来たら全てのウインドウを前面に出す。OS9以前の様式。

ファン・コントローラー。

簡単なマウスジェスチャー。OS X 10.4 Tiger 用までしかないけど、未だに動いてる。
イラストの例では「左右に振る」ジェスチャーを描いたけど、El Capitanでは左右に振るとマウスポインタを大きくしてどこにあるか判りやすくする機能があるので、Exposestureでは左右に振るジェスチャーは無効にしておく。

f.luxe Free
ブルーライト軽減。Windows、Linux、(脱獄した) iPhone/iPad版もあります。

※最新の情報でiOS 9.3 betaがリリースされて、Night Shiftというブルーライトを軽減する機能を搭載していることが判明。そうなるといずれOS Xにも搭載されるかもしれない。それにしても 10.11.3 beta2 が出たばかりなのに 10.11.4 beta がリリースされるとはどういうことなのか。

[ CNET ] 「iOS 9.3」、「Night Shift」機能を搭載--プレビュー版がリース


TimeMachineによるバックアップのタイミングをコントロールする。

MuteCon Free
「じゃぁぁぁ〜ん」という起動音をコントロールできる。仕組みはMacの起動時と終了時に音量を設定できると言うだけのアイデア小品。「起動後にミュート解除」と「終了前にミュート」のチェックを入れておけば起動音が出なくなる。

Dockのカスタマイズ。

非表示ファイルを可視化したり、無駄なアニメーションを止めたり。定番。

※イラスト (Adobe Photoshop)


at 00:00, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

El Capitanに入れたアプリ(1) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

El Capitan インストール

OS X 10.11 El Capitan インストール

ようやくiMac Retina 5K (Late 2014) のOSを10.11 El Capitanにした。アップデートしてバージョンは10.11.2でした。

細かく書くと、あらかじめiMacのSSDのパーティションを分割しておいたので、USBの起動ディスクを作成してクリーン・インストールした。その後、アプリケーションはともかく設定は面倒なので「移行アシスタント」でアプリケーション以外の書類とネットワーク設定などのみコピーし、必要なアプリケーションは再度ダウンロードし直した。

インストール後の不具合1

データの移行後、立ち上げてみるとDockにインストールされていないアプリケーションが×で表示されていたり、Yosemiteのディスクから起動したりして混乱したが、アプリケーションをインストールしてひとつひとつ紐付けし直した。

Launchpadの表示もバラバラになってしまった。設定ファイルを削除しても駄目だったので、手動で並べ直した。

インストール後の不具合2

また、右クリックで「このアプリケーションで開く」や、システム環境設定「一般」の「デフォルト Web ブラウザ」のリストに、Yosemiteの入っている別ディスクのアプリケーションが現れたため、

[Quite ] 「このアプリケーションで開く」の中身が重複している場合。


上記サイトの方法で解決した。
Finderを再起動させたらシステム環境設定の「デフォルト Web ブラウザ」も正しくなった。

インストール後の不具合3

通知センターに天気とか電卓、株価の情報を配置していたのだが、いつの間にか消えていた。

[ iMovie ] Mac OS X El Capitanのよくある不具合と解決策
16、 El Capitanで通知センターが正しく動作できない


上記サイトの方法で解決した。

以下次号

次回から入れたアプリを列記することにする。基本的には前OSのYosemiteで使っていたものからチョイスして新たにEl Capitan用に入れたモノは、今のところない。

※イラストは本文と関係ありません。
アメリカのヨセミテ国立公園内にあるエル・キャピタンは花崗岩の一枚岩で、70以上のクライミングルートがあるそうです。(Wikipedia「エル・キャピタン(ヨセミテ)」より )

(CELSYS CLIP STUDIO PAINT EX 1.5)


at 00:00, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

J!NS PCをやめたワケ03 #flux #JINSPC

f.luxアイコン

前々回前回からの続きで、f.luxのおかげでJ!NS PCをかけるのをやめました。
f.luxはPCモニタ自体を調整してブルーライトをカットする便利アプリケーション。フリーで複数のOS(OS X、Windows、Linux、iOS))に対応している。

いいところ



  1. )PC、Mac、Linux、iOSで使える

  2. )フリー

  3. )ブルーライトカットの度合いを調整できる(度合いを上げるほど画面は黄色くなる)

  4. )時間によって度合いを設定できる

  5. )ダークモード対応、時間によって自動で切り替え設定(Mac版)

  6. )アプリケーションによってオフ登録できる


わるいところ



  1. )画面の色が黄色っぽくなる

  2. )要脱獄(iOS版)

  3. )Android版がない



画面全体が黄色っぽくなるが、けっこう脳が補完してくれるので、次第に気にならなくなる。絶対色感がある人には気持ち悪いかもしれない。色にこだわって絵を描いたりデザインしたりしている人には、かなりマイナスかもしれない。
個人的にはPhotoshop、Illustrator等のアプリケーションではすべてオフ設定にしている。

一応書いておくと、これを読んでf.luxをインストールして問題が発生したとしても知ったこっちゃないので悪しからず。

続きを読む >>

at 00:00, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

ようやくG'zOne IS11CAのスクリーンショットが撮れた(追記あり)

GzOne IS11CA Home

Android携帯は機種によってスクリーンショットの撮影が制限されている。先日機種変したG'zOne IS11CAも制限されているので、ブログ投稿もなかなか難しい。PCに開発環境を用意してあれこれごにょごにょすれば遠隔撮影は可能なようだが、Macではそれも難しいようだ。Android自体のRoot権限を取ればもちろんスクリーンショットの撮影は可能となるが、今のところ取り方は判らない。

Lifehackerで紹介されていた「No Root Screenshot It」(Android Market 有料)というアプリを使えばスクリーンショット撮影のできない端末でもRootを取らずに撮影することができる。

【Lifehacker】Root権限のないAndroidでスクリーンショットの撮影、クロッピング、共有などが行える『No Root Screenshot It』

インストールは他のアプリ同様に簡単だが、使えるようにするためにはWindowsかMacのパソコンが必要になる。Lindy labsのサイトからダウンロードできる専用のユーティリティーScreenshotItEnabler.appを起動し、Android端末をUSBケーブルで接続してなくてはならない。

No Root Screenshot IconNo Root Screenshot 設定1No Root Screenshot 設定2

続きを読む >>

at 21:15, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

Mac OS X 10.7 Lionをいれる

LionのSpaces
Apple曰わく、250もの新機能があるという新しいMac OS X 10.7 Lionをインストールした。
既存のOS X 10.6 Snow Leopardを使える状態にして、なおかつ環境を移行もしたかったので、上書きインストールではなく、あらかじめ分けておいたパーティション(OS X 10.5 Leopardが入っていた)を空っぽにして新規インストールの上、移行ツールで移行した。

10.6を温存したのはこれまで使えたアプリケーションが使えなくなって困ることを想定してのこと。日常使うユーティリティーやアプリケーションなどはやがて対応してくるだろう。新しいアプリをApp Storeで買うのもいいかも知れない。フリーウェアも多いし、高くても一万円を超えるものは少ない。しかしAdobe製品の価格設定は異常なので、そうやすやすと買い替えられるものじゃない。ゼロから作っている訳ではないのだからバージョンアップごとに安くなってもよさそうなものだが、Adobeの言い分として考えられるのは「信頼できるのは本物だけ」ということで違法なクラックされた「割れず」による損害分を価格に上乗せさせている、ということ。損害を一般ユーザーに支払わせて自社は全く損をしないという体制。まぁ妄想でモノを言っているだけなんだが、要はこの価格設定でも買わざるを得ない人々は多い。
日本では大日本印刷、凸版印刷などの印刷業界の頂点がAdobeとがっちりタッグを組んでいるので、業界の末端といえどもAdobe製品が支配している状況だ。

続きを読む >>

at 02:30, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

Jugem iPhoneアプリ

amebacocologseesaaなどの主要ブログが記事投稿用のiPhoneアプリをリリースする中、Jugemからはアプリが出ていなかった。ブクログもそうだが、慎重に検証しているのかペパボ傘下は対応が遅め。このブログも独自ドメインだがJugemを使用しているのでiPhoneアプリが使えるのかどうか試してみた。ダウンロードできたがアプリが一杯なので検索で呼び出す。iOS4が出る月曜日までは仕方ない。

続きを読む >>

at 09:58, ソフトウェア

comments(1), trackbacks(0)

spacer

iTunes 9になって

iTunesが9にアップデートしてからiTunes Music Storeで購入する時にいちいちパスワードを聞いてくるようになった。

AYNiMac » iTunes 9、毎回パスワードを尋ねてくる問題

に寄ると「一般的な問題」であり「「コンピュータの認証を解除」後、iTunes を再起動して再度認証」することで解決したようだが、ウチでは駄目だった。面倒くさいので何とかしてください、Apple。


at 23:04, ソフトウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

今週のランキング