au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (5/5) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

auからMVNOのFREETELにMNPして、au iPhone 5sからSIMフリーのiPhone SEに機種変更した顛末です。これまでに(1)(2)(3)(4)があります。

前回までのあらすじ


auから格安SIMへのMNPを検討し、FREETELへのMNPに決め、予約していたiPhone SEが届いた。



au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (5)

iPhone SE開封してMNP


届いたiPhone SEを早速開封して、FREETELのSIMをセットして電源を入れる。アクティベートを済まして、Apple IDでiCloudにサインインしてイチから設定して行う。
そう思って始めてみたが非常に面倒くさくなったので、同じ64GBということもあり、それまで使っていたiPhone 5sのバックアップをiTunesから復元した。いくつかのアプリでは再ログインや再設定も必要だったがおおむね問題はなかった。

まず「APN設定のインストール」を行う。
Wi-Fiの接続を確認して、APN設定をインストールする。これをしないと使い物にならない。
iPhoneのSafariで「端末別APN設定方法」もしくは、「iOS 9をご利用のお客様への『APN設定用プロファイル』のご案内」にある、APN設定用プロファイルをダウンロードする。
そうすると自動的にプロファイルのインストール画面に移遷するので、指示に従ってインストールを完了する。

この時点ではまだ電話として機能していない。MNPの事前準備が完了したというところ。
FREETELのSIMに同梱されている「SIM切り替えセンター」の電話番号に電話して、SIMの切り替えを依頼することでFREETEL機として使えるようになる。
オペレーターと話しをして、10分後くらいには電話としてもネット接続も使えるようになっていた。
これでMNP完了だ。

半額通話


続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (4/5) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

auからMVNOのFREETELにMNPして、au iPhone 5sからSIMフリーのiPhone SEに機種変更した顛末です。これまでに(1)(2)(3)があります。

前回までのあらすじ


auから格安SIMへのMNPを検討していたらiPhone SEが発売になったので予約して、FREETELへのMNPに決めた。



au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (4)

MNP予約番号をゲット


発売から一ヶ月が経過してauから入荷連絡が来た。さんざん音沙汰無しのくせに三日以内に購入手続をせよとのことなので、すぐにキャンセルした。

Appleへの支払いを、金利0%ということもあり一括で払うよりも楽なので、ローンで申し込んだ。個人事業主なので蹴られる可能性も高いが、そしたらEXPANSYSで香港版SIMフリーにしようかなどと考えていたが、無事にオリコの審査を通過した。

MNPの予約番号はauの場合、店舗か電話でしか取得できない。また、取得したら有効期間は15日間になっている。
5/12〜5/16に配達予定だったが、配送が遅れる可能性がないわけではないので、出荷の通知が来てから電話することにした。
店舗は自宅から歩いて40分ほどかかるし。車を持ってないし。

5/12にAppleから出荷連絡が来た。香港から出荷されていて、配送予定は5/15だった。
これならぎりぎり間に合う!
5/17以降にMNP転出すると手数料が1,000円アップになってしまうのだ。
早速、auのMNP受付電話番号 0077-75470 へ電話した。受付時間ぎりぎりの19:45ごろだったが、5分くらい待たされたがつながった。

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (3/5) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

auからMVNOのFREETELにMNPして、au iPhone 5sからSIMフリーのiPhone SEに機種変更した顛末です。これまでに(1)(2)があります。

前回までのあらすじ


料金に不満があってauから格安SIMのmineoにMNPを検討していたところ、AppleからiPhone SEの発表があったので、SIMフリーのiPhone SEを予約した。



au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (3)

MVNOを比較検討


MNPするMVNOをmineo以外にもIIJmio (みおふぉん)楽天モバイルOCN モバイルONEDMMモバイルU-mobile、FREETELなどに広げて、データ通信+音声通話付きでiPhoneが使えるものを調べてみた。

2016/5/26調査3GB5GB10GB初期費用/Amazon備考
IIJmio¥1,600¥2,220¥3,260¥3,000¥420
OCNモバイル ONE¥1,800¥2,150¥3,000¥3,000¥324初月無料
楽天モバイル¥1,600(3.1GB)¥2,150¥2,960¥3,000-初月無料
DMMモバイル¥1,500¥1,910¥2,890¥3,000¥540バースト機能
mineo¥1,510¥2,190¥3,130¥3,000¥909フリータンク
U-mobile¥1,580¥1,980¥2,980(LTE使い放題)¥3,000¥158LTE使い放題プラン
FREETEL¥1,600〜¥3,067¥3,000¥2,830AppStore無料

3GBと5GBで価格が安いのは「山ピーおったまげ」でおなじみのDMMモバイルで、10GBまでなら有線放送のU-Mobileが使い放題のプランがある。
FREETELは「使った分だけ安心プラン」は特定のデータ通信量での契約ではなく、名前の通り使った分だけが請求される。
auでは7GBの契約をしていたが、毎月の通信量を見ていると1GB行かないことも多い。とはいえ3GBになるような月もあり、いざというときのために多めに契約したいところだ。
上記の表は比較のために3GBからだが、実際は100MBまでが999円からのスタートで3GBまでなら1,600円で、比較している他社の中でも安い部類になる。(2016/5/26現在)

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (2/5) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

auからMVNOのFREETELにMNPして、au iPhone 5sからSIMフリーのiPhone SEに機種変更した顛末です。前回は(1)です。

前回までのあらすじ


料金に不満があったので、auから格安SIMのmineoにMNPしようとしたのだが、Appleから新しいiPhoneの発表があった。



au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (2)

iPhone SE 発表


通常、新しいiPhoneの発表は秋なのにイレギュラーなiPhone SEの発表が第1四半期にもたらされた。

つねづね思うのはどうしてデザインを新しくする必要があるのか、ということ。いいデザインであれば変更する必要はないのではないか。
車には興味がないのだが、フェアレディZ。何だあのモデルチェンジは。改悪につぐ改悪で初代フェアレディZの見る影もない。トヨタ2000GTもあのデザインのまま新社として出せないのか?800スポーツでもいい。
iPhone 5sがすごく良いというわけではないが、6、6sより良い。サイズもいい。デザインが変わってないのはいい。それなのに中身はパワーアップしている!

そこで考えた。

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (1/5) #CLIP_Celsys #CLIP_STUDIO

auからMVNOのFREETELにMNPして、au iPhone 5sからSIMフリーのiPhone SEに機種変更した顛末です。
イラスト(らくがき)付きで5回に分けて書きます。

au -> FREETEL ( iPhone 5s -> SE) (1)

念のために書いておくと【MNP】とは電話番号はそのままで通信事業者を変更する制度。「auからソフトバンクにMNP」するなどと使われる。
【MVNO】とはDoCoMoやauなどの回線を借りて客に提供する会社。提供する商品は「格安SIM」などとも呼ばれるので聞いたことがあるかもしれない。逆に回線を所有しているDoCoMoやau、ソフトバンクなどは【MNO】という。

MVNOにMNP


auはIDOの時代から契約していて(途中、解約期間はあったが)iPhone 5sを最後に解約することになった。

いずれMVNOにMNPしようと思った理由は主に料金面である。

  • au(DoCoMo、ソフトバンク)の料金が高い

  • 長期利用者と新規契約者との優遇格差

  • 格安SIMは安い


というような不満の一方、「格安SIM」については、

  • 怪しげ

  • 通信が不安定では?

  • もしくは遅いのでは?

  • 設定等、面倒なことが多そう

  • 店舗が近くにない

  • iPhoneの対応状況がよく判らない


などなどデメリットというか不安要素が多かったので、よくよく調べた。

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

J!NS PCをやめたワケ01 #JINSPC

J!NS PC01

発売当初から愛用していたJ!NS PCを長野に引っ越したのを期に使わないようにした。らくがきも底をついてきたので、ブロガーっぽいことをやってみる。

そもそもJ!NS PCとは何か。
目に悪いと言われるブルーライト(青色可視光線)を(最大50%)カットすることで、眼精疲労やドライアイを軽減することができるという眼鏡。度付きも可能だしネットで買える。ただし、写真を見て判るかな?うっすらと色が付いてる。
すぐには効果が判らなかったが、1〜2週間ほどすると眼精疲労が軽減されたと感じられた。CADなんかやっていてじーっと画面を見続けて涙が出てくることもなくなった。

長らく手放せなかったんだけど、どうもメガネのフレームに慣れない。常に視界にフレームがあるということが、ひどくストレスになってきた。老眼で視力がおかしくなってきたこともあって、ストレスが倍増した。基本的にかけたくなったので、パソコンの画面に向かう時だけJ!NS PCをかけることにした。

(02へ続く)


at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

iMac 5K Retina購入

iMac 5K 01

2014年の秋に発売されたiMac 5K Retinaを購入したよ。

結論から言うと「良かった〜!」てかすぐに慣れたので普通になった。
取り敢えず「大きいことはいいことだ」by 山本直純。

それまで中古で購入したiMac (mid 2007)を使っていた。もう8年前のモデルというのも感慨深い。
Yosemite (OS X 10.10)にアップデートしても支障が出るほどの問題は出ていなかったのだが、Mountain Lion (OS X 10.8)の時点でiMacとしては動作可能機種のしんがりに位置していたので、そのころから来るべき買い替えを念頭に置いていたのだった。
特に買い替える決め手となる機種がないまま、OSだけアップデートしているうちにYosemiteまできたところ、発表されたiMac Retinaは魅力的だった。それまでのちょっとしたアップデートに比べて、格段のアップだ。価格も抑えられている。
とはいえBTOでアップグレードしていくと30万円を軽く越えるわけで、ぽんと出せるほどもうかっているワケではいないので、分割払いにしたい。クレジットカードも持っているが、分割回数にもよるが利子を考えると大変な額になる。ちょうど金利1%キャンペーン中だったアップル・ローンに申請する。
オリコが請け負っているアップル・ローンは審査で蹴られるという過去があるので、通らなければ買わないことにした。以前は通らなかったので、中古でiMac (mid 2007)を2008年に購入したのだった。
そうして審査に通ったから入手してこのブログを書いているワケだが、2007年と2014年とで審査がどう変わったのか。今回は電話もかかってこなかったよ。
今後、月々のローンを払っていかねば。ろーん、ろーんるんるんるん♬

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

SSD死亡からのMavericks乗り換え

Mac周辺の整理
(Pentel 筆 touch サインペン)

HDDを換装していたiMac (mid 2007)のSSDがお亡くなりになった。
合掌。
うわさ通りなんの前触れもなく突然なんで、まさかお亡くなりなったとは思わず、手を尽くしたが無駄だった。一年半ほどしかもたなかった。メーカー名は伏せるが安物であったよ。
ワケあって、軽い気持ちで「ディスクのアクセス権を検証」をやったら、赤い文字でなにやら出たのでよく読まずに再起動かけたら起動しなくなった。白い画面のまま。しばらくほっといたが白いまま。本体の電源ボタン長押しで電源を落とし、再度起動しても白い画面。PRAMクリアやコンセントを差し直してSMCクリアしても駄目。セーフモードは試さなかったし、シングルユーザーモードはおそらく訳がわからないのでやらなかった。いよいよインストール・ディスクから起動してみて内蔵SSDを認識してないことがわかった。
手近にあったHDDを換装して、TimeMachineの最新を復元した。初めての復元だったが、ほぼお亡くなり前の状態(起動しているアプリケーションや開いてるフォルダなど)が再現されたのはちょっと驚かされた。しかし一度SSDのきびきびさを体感してしまった身としてはHDDのまったりさに耐えられなかった。しばらくは調子が悪いのかとさえ思ったほどだ。



今度は評判を見てまともなものをとIntelの256MBのものにした。
せっかくなのでパーティションを半分に切って、一方にMavericksを入れることにした。引き続きMountain Lionをメインに使うようにして、Mavericksを様子を見ながら使っていくことにする。
iTunes、DropBox、かわせみを共有するようにして交互に使うようにした。
んで、一ヶ月くらい経ったらすっかりMavericksを中心に使うようになっている。クリーン・インストールして移行アシスタントも使わなかったがほぼ問題なく移行できてる。

続きを読む >>

at 00:00, ハードウェア

comments(0), trackbacks(0)

spacer

今週のランキング